スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末東京遠征レポそのに

余裕の10時起床をキメる。

車に乗せてもらいお台場へ。
駐車場探してるときに物販列と思わしき行列を見かけて見なかったことにしたり。

船の科学館の駐車場に止めて歩いていたらガンダム前でアイドルグループ? がミニライブイベントやっててやっぱりあの場所はそういう目的で使用されることあるんだなーとか思いながら暑さにだれる。
通り道にトヨタ展的な展示会があって「デロリアンだすげぇ!」ってなってたりして完全に目的を見失っていたやつ。
IMG_1252.jpg


ひとまず物販列を見に行く。


・・
・・・

見なかったことにして昼食。

13時半くらいに物販列に並ぶ。覚悟してたけどはけが悪くて途中で断念。プレミアチケットの特典交換だけを先に済ませるスタイル。
公式リウムがキンブレじゃなくてルミエースモデルなのを始めて知る。手元のボタン部分で色判断しなきゃいけないから類似色多い色(紫とかピンクとか)だとちょっときついけど、色変え中の様子がバレないのいいねってなってた。


開場。


チャージのドリンク回収して中に入る。妥協マンしかけてたけどカイさんが攻めの姿勢を発揮してくれたので前方二つ目の扉から新入からの1、2ブロック間のポールの一個前(端)位置を確保。普通に舞台ががっつり見える位置だった。


開演。


初代支配人(cv藤原啓治さん)の開演挨拶で「私が誰かわかるかね?」に「ヒロシー!」って答えるオタクたち何者だよってなってたやつ。

あと舞台裏にカメラ1台入れておいて円陣シーンをリアルタイム配信した演出マジGJ。


H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!
上手民でゆいにゃん上手側来てくれたので完全に勝ち組のノリだった。
その一方で開幕のクラッカーの巨大版(ごめん、もし名称あったら後で修正する)の紐(リボン)を見たときに「ああ、これがラブライブで出品されちゃったやつか」ってなった自分はまじfuckであった。


Sparkle☆Time!!
クラップ楽しすぎて逆にサイリウム振ってる場合じゃねえってなったやつ。


続きMC。まさかセブンスシスターズからMCスタートとは思ってなかったからちょっと意外だった気がする。
あと掛け合いが外の人で構成されてたことにかなり感動した。行ったことのあるイベントだと挨拶の最初だけ外の人のセリフ言ってあとは中の人ってことが多かったけど、こっちは最初の名乗り以外はほぼ外の人だった。名前もキャラ名だったし。
羽生田ミトが思っていた以上にポンコツ系で良いですねってなってた。「寝てたでしょ」の総ツッコミ面白かったです。

コニーさん(水瀬いのりさん)を残して777☆SISTERSと入れ替わりMC。でもライブ衣装だしニコルでいいのではと総ツッコミ受けてたり。
外の人重視で進むからキャラ名の方で叫びやすいとか最高かよーってなってた。
外の人がダジャレキャラだと中の人は大変だなぁってやつ。
晴海3姉妹がめっちゃ姉妹してた。カジカの人がリアルカジカと聞いて「え、それはアカンやつなのでは」ってなったりした。
「これで遅刻してたらニホンリボンになってたねー。あ! そうなると私はヒトリリボンになるのか!」
あ、これはカジカですね(ニッコリ

あと「支配人は英語でマネージャーだよ」のくだりでゆいにゃんが篠田さんに「え、そうなの?」って感じの視線振ってたのはバッチリ確認しましたぜw


曲に戻る。
オ・モ・イ アプローチ/NI+CORA
振付がWinkっぽいなーと思ったのはどう考えてもラブライカの影響です。本当に(ry
手を重ねる演出良いですわー。

MC
話すこと決めてないとかナナシス唯一の2人組みユニット(KARAKURI除く)とかいろいろ。
大西さんのいい感じの雑さ(最大級の褒め言葉)に高田さんがツッコミを入れる構図。
舞台の階段に座る大西さん -> 「だって疲れたし」 -> 衣装見せの「回ってー」の流れ -> 高田さん回る
-> 高田さん「次は大西さんだね」 大西さん「えー、私はいいよー」 -> 大西さん回る -> 高田さん座ってる
仲良すぎじゃないですかー!

そんなこんなで中身の無いトーク(やっぱりこれも褒め言葉)で「これがホントのガールズトーク!」からのGirls Talk!!
「バッチコーイ! の部分はみんなで拳を振り上げて欲しい」
「どすこーい! ……は(張り手を)やるのは無理だからそれも同じように拳で!」

やっぱり原曲から声を入れやすい曲なだけあって盛り上がり方が凄い。
「サンハイハイ」と「ハイハイハイ」がごっちゃになったり「な~む~」のところも重ねにいったりする厄介系マン。


続いてSiSH

セーラー服(水兵スタイル?)かわいい。曲も爽やかなタイプなので落ち着いて聞いてた気がする。
※決してGirls Talk!!ではじけすぎちゃって疲れていたわけではない

MC
道井さんと今井さんのガチ勢宣言からのナナシスあるあるトーク。
「次エリアに行こうとして誤タップして一回余分に消費してしまう」
俺ら「わかる」「それな」「ほんまそれ」

自キャラは引けないとか物欲センサーとか完全にこっち寄りの会話が展開されてた。

ちょっと流れを忘れてしまったけど会話の中で「男の人」というフレーズが出てからの「男の人ということはボーイ」「ボーイといえば『お願い☆My Boy』」と繋いでいってニコラのときよりは若干強引さを感じたけど繋ぎ上手いなーってなってたやつ。




曲が終わったところで4Uの乱入。舞台上に運び込まれるドラムセットにキャストコメントでの長縄さんの「楽器を演奏して盛り上げる」発言がマジだったことを悟る。
エモちゃん本当に良い性格してるわ……
ウメちゃん不在の理由について「あのキャンキャン娘はクビにしました」と言い放つエモコさんさすがです。
からの代役宣言にどよめく会場。
エモコ「新メンバーの春日部ハルさんです」



・・
・・・

アイエエエ!? ハルチャン!? ハルチャンナンデ!!?

隣にいたオタクが「マチアソビの発言がー」みたいなこと言ってたからフラグは立ってたっぽいけど完全にその辺の情報は仕入れていなかったので動揺っぷりがひどいことになってしまった。
春日部ナツさんと春日部アキさん。

そして始まる ワタシ・愛・forU!! と Hello...my friend

いやー……なんというかめっちゃはしゃいだ。
さすがに実演奏ということは無かったけど、フリだったけど、そこには確かに4Uが居て。
すげえよすげえよなんだよこれマジかよ最高かよってなってた。
ライブイベントで初めて飛んだし、その勢いでiLiteさんが鞄から落ちてしまっていたりとか雑魚乙してしまったけど。
もー本当に良かったとしか言いようが無い。実際終わったとき泣きそうになってたし。
あとハモりがすげぇ綺麗だった。かっこいい。

MCでは長縄さんというリアルヒナについて。長縄さん「改めて佐伯ヒナ役の長縄まりあです」吉岡さん「改まってないよね」
タイプフェアリー勢だからね。仕方ないね。


幕間ショートストーリーはラブライブで経験してたけど、あれはフルメンバー基本ゆえの時間稼ぎが必要だったからだと思っていたのでちょっと意外だった。
BBQ(バーベキューとは言っていない)
「シィちゃんが知らないなら私が知るわけないか」「それで良いのか姉……」
ロナ&サワラねーちゃんとか組み合わせの時点でアカンってなったり、シィちゃんの一句に爆笑したり(いや、だってハル&シンジュだったらオチつけるのハルだって思うじゃん)オチが焼きそば(パン)で予測可能回避不可能ってこういうこと言うんだなーってなったり。


サンボンリボン登場。
Clover×Clover からだったのはちょっと意外(今までがLongingForSummerからだったから)なんだけど初手たいくつりぼんは確かに無いわな、ってなってた。
シンジュのソロパートで、シンジュセンターで左右にサワラカジカって立ち位置で、2人がシンジュの方を慈愛の表情で見ててもうなんというか尊い。晴海3姉妹うわあああああってなってた。
……なりすぎてて、たいくつりぼんは逆に冷静な目で見れた気がする。

MC
「台本に指示が無かった」「大丈夫。テーマは貰ってきた」「カジカがか!?」この流れ完璧すぎない?

挙がったテーマは「小さいころの思い出」「晴海三姉妹と似ているところ」「“サンボンリボン”の今後の展開」
特に似ているところの話題で「私達はキャラに似ているとよく言われますが~」桑原さん「私は10歳じゃなーい!」発言は最高に爆笑した。桑原さん150cm切ってそうだし本当にリアルシンジュちゃんだなぁってなってた。
あと割りとまじめにラジオやってほしい。


KARAKURI登場。

仕様上秋奈さんのソロ舞台だったんだけどユニット曲中心のナナシス現場でのソロはカラーの統一とかあってキレイダナーってなってた。


そしていよいよWITCH NUMBER 4

PRIZM♪RIZMは曲調というかエフェクトというかでSiSH曲系の盛り上がりになるかと思ってたけどガッツリコール入ってびっくりしたり。


MC
ユニット口上的なものから入ってなんというか戦隊ものかな? ってなる。実際PRIZM♪RIZM衣装はソレっぽいし。
月光って金属性だっけとか考えながら聞いていた記憶。

唯にゃんが「アイドルと言えばー?」みたいなフリをしたときは中の人漏れすぎですわってなりかける。
サイリウムを舞台袖から持ってくるゆいにゃん。
ノノヒメのオレンジからのヒメコール最高に楽しかった。
その後同じようにコールしたんだけど単語忘れてしまった。「4文字はこのコールと相性悪いぜ」ってなってたことだけ覚えてる。

ピンクに色切り替えからのSAKURA。
KARAKURIのときに客席が単色で染まることのやばさを感じた後にユニットで単色に染まるのずるいってあんなん泣くに決まってるし。
タオルで目元抑えながら必死にサイリウム振るマンになってた。


セブンスシスターズ登場。

正直出てきたときに「え、この(半端な)タイミングでスタグリなの?」って思ってしまったの申し訳ない。
メンバー挨拶が始まる。

ルイ王子(川崎芽衣子さん)。
冒頭の挨拶のときから女性ユーザー多いなと思わせてたけど、ここが一番黄色い声高かった気がする。
王冠乗ってたりと衣装ももちろんあるけど、隣の辻さんとの身長差もあって王子感すごかった。
OSEKIHAN


メモル(辻あゆみさん)
大変申し訳ないのですが「さあ金出してこう」の記憶しかありません(最大級の褒め言葉
客も被せに入ってたしどこかで披露してたんだろうなと思いながらコール打つマンしてた。


マナ(前田玲奈さん)
ニコルみたいに「てめーら」って言いたい -> 「てめーら!! 御機嫌よう」
この落差に会場も思わずズコーである。


渕上さん
……いや、だって渕上さんだったしw
約束された勝利のバースデー。




777☆SISTERSメンバーが揃ってCocoro Magical

バルーン演出現地で参加するの初めてだったけどめっちゃ楽しかった。
時々バルーンが舞台にいっちゃうことがあるんだけど演者の方が取りに行って投げ返してくれたり凄くいいはっちゃけ感だった。
でも曲後も弾き続けて回収遅れた挙句最後の1つを割ったオタクは許さないよ。


ここでゆいにゃんの姿を見失ってしまったってなってたんだけど、見つけたときなんかしゃがんでたし道井さんマイク2本持って困ってる感じだったしで何事ってなったんだけど。
よく見たら靴紐結んでたみたいで大爆笑ってやつね。



KILL☆ER☆TUNE☆R

直前のMCで「どうやって どうやって どうやって 叶えよう」を合唱(って言っていいのかな? 舞台と客席で交互にってやつなんだけど)することになったり。
「ツー サウザンド サーティー フォー!」を指で合わせるの楽しすぎて再び「サイリウム振ってる場合じゃねえ」ってなってたやつ。
合唱もめっちゃ楽しかった。強いて言うなら「これで代々木シンデレラの借りは返したな」って気持ちになった俺クソかなって。

……だって紅合唱したいじゃん。




全員舞台袖に帰り告知タイム。
SAKURAで完全に心掴まれてた状態でそれはずるいわー。信者になるしかないわー。
俺もついに角川の犬になるときがきたかってなってた。



ライブTシャツに着替えた演者の皆様が再登場してStar☆Glitter。

ゆいにゃん後列の下手側だったのでちょっと見づらかったので全体見てた気がする。
ひとまず吉岡さんがここぞとばかりにキレッキレのダンス披露してて爆笑しかけたり。
端だったこともあってウェーブ乗り損なってガン折れしたり。


挨拶も終わり公演終了。物販に突撃すべく即退場をキメる。


物販「青T売り切れてます」
俺&カイさん「くっ(ゆいにゃんも今井さんもスタグリのとき青Tだった」

いやまぁ個人的に白T好きだから良い言い訳ができたって感じだったけど。
同人誌も売り切れ(まぁこれは覚悟してた)ので浮いたお金で缶バッチ挑戦。
カジカ&シズカだったのでシズカをカイさんにプレゼントする。

あとアクアマリンの方も各1回ずつ挑んでみる。
ヒメ&シンジュで大勝利。
せっかくだしサワラ姉も獲得してサンボンリボン完成させたかったけど時間(戻るのめんどくさい)と予算の都合で撤退。


車に着いたところで9時を回っていてライブ開始から4時間近く経っていることが判明する。

……誰ですかね、「全曲合わせても90分程度だしMC挟んでも2時間半ってところじゃないですかね」とか言ってたやつ(私です
実際MC長かったんだけど、ちょいちょい入る小ネタとか初耳なこと(ユニットテーマとか)が新鮮だったから全然そう思わなかったやつ。

お台場9時とか新幹線終電乗れなかったフラグなのでは。車で助かったなとか、行きに流れてたナナシス曲がそのままかかっていたからSAKURAが流れたときの威力が高すぎて思わず「やめてくれ。この曲は刺激が強すぎる」って言ってしまったり。


振り返ってみると完全に俺の俺による俺のための週末スケジュールだった。
スポンサーサイト

週末東京遠征レポ

仕事ハメ食らって出発が遅れるという失態。
準備不足に四苦八苦しつつ何とか整えてカイカーで東京へ。

ナナシス曲を一通り流した後、持ち込んでいた牧野さんのCDを流す。
僕「正直ARIA曲はヒーリング曲を通り越して眠くなるからこの状態で流すのはちょっと危険な香りする」


寝オチマン。


ILR邸に着いて即寝の構え。まぁ3時回ってたからね……。


8時頃に起きて秋葉原タワーレコードへ。
牧野由依さんのデビュー10周年兼新曲リリース記念イベントへの突撃目的なんだけど正直適当に日付で検索かけたら引っかかっただけで詳細をちゃんと確認していないという雑魚プレイ。
タワレコはヨドバシ内なのでヨドバシの開店待ち列に並ぶ。途中警備員が予約票配りに来たけどホビー(フィギュア)しかなくてハイパー場違い感をくらう。


開店したので店内へ。
一番乗りしてしまって不安になりながらひとまず会場確認。

948e3bb3.jpg
「人が集まったら邪魔にならないかな」


いや、リリイベとか今まで行ったことないし世の中的な平均値が分かってないっていうのもあるんだけど。
正直日本橋アニメイトのイベントスペースみたいな、ちょっと隔離されてるスペースを想像していたもので困惑する。


気を取り直してチケット確保のための予約。
東京で予約すると受け取りの問題があるのでどうしようかといった感じだったけどILRさんが回収してくれるとのことで託す。


朝食兼昼食を食べに行こうとしたら軒並み11時開店だったのでゲーセンへ太鼓を叩きに。

天ぷら屋で昼食を取ってるときに、まだ天ぷらが残っていると思ってご飯を残しておいたら全部出た後だったという立ち回りミスを犯す。


戻って12時半くらい。機材搬入が行なわれていてようやくと言ったところだったので隣の本屋で小説版グラブル2巻を買ったりホビーショップを眺めたり。
13時くらいになって見に行ったら会場は出来上がってた。けど誰も居ない状態。
最前とか敷居が高すぎて嫌じゃあ~、ってなってたんだけど身内の煽りを受けてとりあえず先頭端を確保する。


IMG_1243.jpg

近いって。



貼られたポスター見てカップリング曲の作曲滝沢さんなんだへー、とかようやく人集まってきたなとかやってたら不意に始まるリハ。いや、直前にアナウンスはあったけど。

ショートパンツ姿でふとももエロいですとかオヤジな感想を思ってしまったり。
牧野さん「こんな(お客さんが既に居る)状態でリハやるって新鮮」
リハが始まり曲が流れる。

アム……リタ……?


完全に硬直してしまった中3曲のリハが終わり牧野さん退場。
「本番はもう少しキレイな牧野由衣が出てくると思うので」と残して退場。


本番までの30分間完全に挙動不審なオタクしてた。



本番が始まる。

白のワンピース姿で登場。胸元にバラ? の刺繍が入ってたりしてなんていうか清い。
開幕アムリタで死にかけるけどリハで耐性がついてたおかげでギリギリ耐える。

MCでは10周年のこと。 さんのこと。だからアムリタを歌ったこと。
無知ですまんかったってなってたやつ。

そして新曲の2曲を続けて披露。
端だったので自然とスピーカーの隣ということもあり音圧凄いし歌詞が魂に刺さる感あってぐわああああってなってた。
特にM2の「」は自身の作詞ということもあってMCのときに歌詞の気持ちを語っていたので、特に歌詞を注意して聴いていたっていうのもあったんですけど。
感謝の言葉をもっと大切に、ちゃんと言葉にして言っていこうと思いました(小並

何とか涙腺は堪えきってのミニライブ終了。
初めての最前写真で完全にフリ素マンになる。


サイン会。

スタッフ「こちらを入り口に今の並び順で進んでいってください」


・・
・・・

先頭俺じゃねーか!!!!!

いや、客席の切り分けが「ワ」の字状になってて逆側が移動用の通路になってるんだなーと漠然と思ってはいたんですけど。
まさか鍵開けマンにもなってしまうとは……


死亡


いや、「ARIAが好きでウンディーネの頃からファンでした」とか「名古屋イベントも行きます」とか無難なことは言えてたんだけどね。
冷静に考えて10年近く潜伏してたとか俺の行動力(サーチ力)の無さすげぇなってなるやつ。


早々に撤退してサイン色紙(いわゆる色紙じゃなくて少し厚みのある光沢紙?)をひとまずクリアケースに保管。
ILRさん「ここヨドバシですから額縁とかありますよ」
俺「天才か」

しかし丁度良いサイズのものが無かったので池袋の画材屋に移動してアクリルフレームを購入。
IMG_1245.jpg




夜まで時間が有るので一旦ILR邸に撤退。
アクリルフレームを組み立てる -> とりあえず写真撮ってみる -> 何となく掲げてみる
なんていうかオタクって感じだ。


あとはナナシスのキャストコメント動画見たり浦和の調ちゃん上映会が始まったり。
地震があったり。


夜になったので軽く腹ごしらえしてからパセラへ。

噂のシンデレラルーム。


IMG_1247.jpg
IMG_1250.jpg


すげぇ。


カラオケはねばねばで喉を暖めてから毒茸 -> (間に2nd Side挟んで休憩) -> 紅 コースという無茶なことやってた。

アニデレラ曲 #とは


帰宅即寝の構え。

めっちゃすきやねん春祭り&ダーツ大会レポ

名古屋-難波間だったらアーバンライナー安定だよねってことで大阪移動。

めちゃすきTシャツは先に着込んでおいて上着で隠すスタイルでロゴだけ若干見える状態でいたんですけど。
電車待ちしているときに後ろにいた方が同じスタイルでめちゃすきTシャツ着てるのを発見してしまい僕は――


そっとスルーした(コミュ障



電車内でお手紙書く作業して表現力のなさと乗り物酔いの気配でグロる。

しかもさすがに日中のアーバンライナーはそこそこ混む電車だったようで、途中から婦人が隣に座ることになってさてどうするかって状態になったりしてさらにグロる。
まぁ最終的にはガン無視して書き込んでいたけど。

HAJIMALBUMリピートさせて浄化されかけつつ小休止しようとした頃には大阪に着いてた。



大阪難波でなつかぜ氏、クロウ氏と合流。

既に12時回っていたし昼食は軽くってことで出てすぐのところにあったサブウェイ。


今回初参加のなつかぜ氏に軽くアドバイスする老害スタイル。

俺「めちゃすきは敷居低いけど難易度高いから」
クロウ氏「わかる」
なつかぜ氏「どういうことなの……」


さっさと食べ終えて会場へ。



……なんていうか本当にここでトーク&ライブ系イベントやるのってくらいダーツ会場してる。
箱の両端にダーツが設置されていて、1面はドリンクコーナー。その反対にステージがある構成でした。
っていうかステージとして一段あるんだけど、そこの縁と座席が本当に近くて、最前に座った人が足伸ばしたら普通にステージ蹴れるぞってレベル。
アニメイト日本橋(夏祭り)のときでも近いと思ってたけどそれ以上だぞ……

今回は下手側3列目の普通席を確保。出オチマン(仮称)が出オチの準備をしているのを温かい目で眺める仕事。


なつかぜ氏にキンブレ貸す立ち回りは完全に老害であった。
俺「使う、使わないは自由だ」
なつかぜ氏「お、おう」


開演


3色法被を着て登場。登壇しきって挨拶しようとしたところで出オチを食らう。
そらそら「うわぁ! 後ろの人は分からないかもしれないですけど、ここに変態がいます!」

うん、まぁそうなるよね。


開幕からおすべりあそばせるさっつんの貫禄よ。

法被を脱ぐ。「法被は着る予定無かったんだけど、かねやんが持ってきたから仕方なく」発言にかねやんがステージ脇まで乗り込んできて何を言うかと思ったら「法被にも予算かかってるんやで」で爆笑。
あ、めちゃすき法被がグッズ化したら買うんでよろしくお願いします。


出オチマンのダメージが抜けないそらそら。まぁセンターそらそらで真正面がアレじゃあさすがにね。


衣装のお話。
ツイッターの方だと「さっつん白い」ってメモがあったけど白いのそらそらだった。なんでだって思ってたらたぶんスカートだな。うん。

普段の信号機カラー感無いって結構珍しいなーと思っていたら、ゆいにゃんのワンピースは親チョイスであることをカミングアウト。
ゆいにゃんの一芝居ほんと好き。


今回は録音無いぜイエーイ! からの開幕ロシアンたこ焼き
ぼく「これ壇上芸イベントだ」

1回戦:たこ焼き8個のうち、2つがフリスク入り。
いつものアンケ用紙抽選で5人壇上に上げられる。俺氏抽選回避勢。

爪楊枝(というか竹ヒゴ?)の300本入りに興奮するさっつん。
そらそらの「いや、別に全部使うわけじゃないから」ってツッコミの冷たさが絶妙だった。

そらそら「せっかくだからフリスク当たった人は罰ゲームをやってもらおう」
さっつん「当たった時点で罰ゲームのはずなのに罰ゲームが追加されるとは一体……」

キスの日ということで、最後はキスで終わる告白シチュエーション芝居(ソロ)をすることに。


食べる

そらそら撃沈! ハードルを上げたのはフラグであったか……

もう1つはリスナー側に当たったようだがフリスクを噛まなかったのかいまいち反応がわからない状態に。
「俺か?」「俺かも……」 そらそら「じゃあその2人で」


そらそらの「大好き」&キスで撃沈者多数。
イイイベントダナー。


2回戦:たこ焼き8個のうち、2つがクエン酸入り
例によって5人壇上に上げられる。俺氏抽選回避勢。
今回粉末だからダイレクトに舌にクるやつだし絶対ヤバイやつ。

実食

ゆいにゃんアウトー。

リスナーだけが犠牲にならないラジオの鑑のような展開でした。

例によって罰ゲーム付き。今度は別れのシチュエーションでキス〆。

リスナー(男)「もう、お別れね……3年間楽しかったわ」
そらそら「なんで女性役」

ゆいにゃん「俺も……3年間楽しかったぜ」

乗っかったー!

いやー、ゆいにゃんイケメンっすわー。って感じ。


この手の企画でさっつんが貧乏くじを引かない珍しい流れ。コロンビアポーズが本当に力入ってた。




次コーナー「勝手に命名」
久々のマロン松田。\かわいい!/

例によってアンケ抽選。

リスナーの装備してたライダーグッズに反応するさっつん。
七色(ではない)


眼鏡が博士っぽい
ゆいにゃん「博士」
そらそら「ちょっとエピソードとか聞いてみようか」
(リスナートーク)
ゆいにゃん「博士」
そらそら「ゆいにゃんはブレないなぁ」




ライブパートへ

1曲目は「やっぱ好きやねん」
安定のフリコピ楽しいマン。
今までサビの左右振り -> 上から下に下げる -> 左右振り の部分でよく逆になってたんだけど下げてから上げるときに客席側は隣の都合上横を通ってあげることができなくて前を通して上げてたから安定してなかったんだなってことが移動中の最終確認で気付けたから、俺のフリコピ力が上がっていたなってやつ()

手焼きCD時代はまだリスナーじゃなかったんだよなぁ。せめて誰か写真だけでも撮らせてはくれないものか。


ソロ。ゆいにゃんさっつんがステージを降りる。
有線マイクの絡まり対策とはいえコードしたをくぐろうとするのは違うんじゃないかなそらそらw

さて、ステージの構成上、いわゆる舞台袖的なものが無いんですよね。だからどうするのかなーと思っていたらステージ横のソファーに普通に座られて余裕で見えるという。柱の影になる位置ではあるんだけど中央よりの座席位置だったこととソファーの奥行きのおかげか。
だからちょっとライブ中もチラチラそっち見てたのマジすまんって感じだ。


てなわけで2曲目はそらそらの「絆-kizunairo-色」
事前ツイートで曲特定されてたおかげで予習できてたのホントに助かるってやつ。
サビ中に「あっ」って感じの表情したから何事かと思ったらサビ終わりに「2番だったね、間違えちゃった」ってはにかむの可愛すぎ問題。


曲後のトークもその点に触れてて、うーんかわいいってなってたやつ。
ちょっと尺余りらしくトーク延長。
そらそら「次はゆいにゃんなんですけどね。ゆいにゃんはね、とっても歌声がキレイなんです」
「わかる」
「それな」
ゆいにゃん「ハードルを上げるな出にくいわ!」


てなわけでゆいにゃん登壇。
マイクの絡まり対策は先ほどのやりかたから学んで……

なんで後ろに回って腰を抱くような体勢でマイクをくぐらせるんですかね。
他界案件かよー!



てなわけで3曲目。ゆいにゃんで「ギミー!レボリューション」 ……の前に。
そらそら「ゆいにゃん忘れ物だよ(カンペ」

確か今回足元スピーカー無かった気がするから床直置きだったのかな?
最前勢がカンペを覗き見てて「見るなー!」って叫ぶゆいにゃんかわいい。

ゆいにゃん「歌えなくなる部分もあるかもしれないけど、そのときは皆さんでフォローしてください」

案の定歌えなくなるゆいにゃん。ちょっとした合唱みたいな光景に。
いっぱいいっぱいになってるときのゆいにゃんは一番感情が表に出てる感あっておいしいのでごちそうさまでしたって感じだ。

ゆいにゃん「正直リハのときから怪しかった」


さっつん登壇。

やりきった感じでさっさと降壇するゆいにゃん -> さっつん「もっとゆいにゃんと話したかった」 -> ゆいにゃん「なんて?」(だが登壇しない
イベント中の会話じゃない感大好きです(ニッコリ

てなわけで4曲目「Choose me ダーリン」
曲名の「Choose」をチュって言ってキスの日感を出す演出最高でした。
さっつんのパワフルボイス大好きなんじゃ~^ってなってた。

曲後のソロトーク
選曲理由、ただし「キスの日」ネタ以外で、という癖のある質問が飛んできてしどろもどろになるさっつん。
その隙にゆいにゃんそらそら登壇。さっつん気付かない。
オタク達は手を繋いでの登壇光景に他界してた。


そらそら「私達頑張ったからご褒美欲しいなー。さっつんのキス見たいなー」
ゆいにゃん「じゃあクエン酸飲むかキスするかでいこう」

この理不尽な無茶振りこそめちゃすき名物よって感じ。

キスを選択。
そらそら「じゃあシチュエーションはどうしようか」
「ファーストキスで!」

オタク最高かよ。


ハイパーピュアつんで顔真っ赤になって悶えるさっつんとそれを見て悶えるオタクの図。


最後に「めっちゃすきやねん」
安定の良さ。感想としては雑すぎるかもしれんけどそうとしか言いようがないねん……


最後に勝ち残りがクエン酸という謎じゃんけん大会。
「ウェーイ!」
さっつん「いやここでイエーイってなるのおかしいからね!」

即死する雑魚乙マン。経過を眺めていたら最終的に4人壇上上がりに。
どよめく3人。特にさっつん。

「いつもお世話になっております」と挨拶するそらそら。


そらそら「それではラジオネームをどうぞ」
「ははつんです」

……さっつんのお母様だこれー!!!


最高潮レベルで盛り上がる会場。

ははつん「すっぱいの強いです」
さっつん「母上はすっぱいのも辛いのも大丈夫なんですよー。遺伝しなかったんですねー」
そらそら「じゃあははつんが飲みきれなかったら残りはさっつんが」
ははつん「すっぱいの苦手です()」
さっつん「ちょっとー!」

完全に芸人のノリなんだよなぁ。


てなわけでクエン酸入りブラックコーヒー実食。

どう見ても余裕そうなははつん。しばらくちょっとずつ消化した後、

ははつん「ごめんさっつん、やっぱりムリだったわー()」
これはひどい

さっつんまみれる
さっつん「今日は回避できたと思ったのにー。さっき(キスシチュエーションでの回避)の努力はなんだったんだ!」
さっつんマジもってるわー


てなわけで春祭り全工程終了。最後にいつもの記念撮影。

そらそら「今日は弊社マネージャーの後藤さんが来ていません」

なん……だと……

そらそら「なので代理のマネージャーの杉田さんが来ています」

イベント中の撮影も見かけない人がやってるなーと思ったら新人マネージャーさんだったことが発覚。

そらそら「杉田さん、どうでしたか今回のイベントは!」
自社マネージャーを壇上に上げてインタビューするイベント何者だよ()



記念撮影して一旦退場。ダーツ大会編へ続く。






ダーツ大会編。
65名参加で以下ルール。

3人(そらそら、ゆいにゃん、さっつん)の大チームの中に4~5人の小チーム(5チーム)がぶら下がる形。
1ラウンド3投で8ラウンドまでを小チーム内交代制。加点形式で8ラウンドの合計点が順位になる仕組み。(カウントアップルールをラウンド交代制な感じらしい)

チーム分けは抽選。
自慢じゃないがダーツは初めてやったときに大暴投して以来封印していて、正直なところ賑やかしのつもりだったので、あんまりガチ勢のチームにならなければいいやーくらいの気持ちでいた。

結果
「よろしくニキー」
マイダーツ持ち:2人

あ、これ僕が足引っ張ってダメになるやつ(確信)


デモンストレーションで3人が投げる。
そらそらが何か細長い箱を取り出してきたから眼鏡かなと思ったらマイダーツだった。

どよめく会場。
そらそら「打ち合わせしてたらマネージャーから『ダーツ大会やるんだろ? こいつを使いな』って渡された」
ですよねー。


投げる

ガァァン(そらそらの投げたマイダーツが筐体に当たる音)
「アカンやつだ」
「怖い怖いこわいこわい」
「バイオレンスだ!」

全員からストップがかかりマイダーツの使用を自粛することに。
さすがに借り物だからね。仕方ないね。

そらそら:投げるときに肘を引く、いわゆる投球スタイル
ゆいにゃん:同じく投球スタイルだったけどコントロール良かった。勢いがつく分ブレが少なくて安定してた
さっつん:肘を固定してて、ちゃんとダーツの投げ方してた印象。ただ、その分勢いがつかなくて軌道がブレてしまってた感


1位ゆいにゃん、2位さっつん、3位そらそら という結果に。
5レーンあるので、この順位順に大チームごとにやることに。

というわけで前2組が終わるまで待機。
クロウ氏を煽りにいく振りして3人に接近したり、チームメンバーに「完全初心者なんすよー。すまねぇすまねぇ」と保険をかけにいっていたり。

だいたい平均すると250~350くらいのスコアだったのかな。


いざ出番。
小チーム内の順番は自由だったので、マイダーツ勢を先発に置いて、自分は様子を見るべく4番手に。
さすがマイダーツ勢は安定してスコアを取ってくれてたので「これは俺が暴投してバランスを取るべきでは」とか思いながら投げる。
……なんか全部ダブルかトリプルに刺さったぞ。

1ラウンドで100点以上稼いだときに出る演出? を背にコロンビアポーズ取る俺。
逆フラグだったかー。それはしゃーなしですわ。

途中の点数が323(さつみ)でさっつんが反応したり、2ラウンド目はさすがにビギナーズラック発揮せず無難な感じで終わったり。
蓋を開けてみれば最高特典にして唯一の400点超えチームになってしまったり。


かねやんによる中間発表。

かねやん「中島チームがダントツで低い」
1000点近く離されるって逆に凄いなってやつ。


最後はリーダーの3人に託される。
ゆいにゃん「中島チームにもチャンスを!」

ゆいにゃんの得点は5倍されるルールに変更。


相変わらずちょいちょいバイオレンス投球が発生するそらそらだったけど、リスナーのアドバイスで徐々に的に当たるように。
冷静に考えてこの距離感ゼロの光景凄すぎるやつ。



結果発表。


ちなみに入賞は小チーム単位で、
大チームごとの1位:賞状(文面はゆいにゃん、名入れはさっつん)
小チーム全体の8位:トロフィー(そらそらの指紋たっぷり)
小チーム全体の14位(ブービー):メダル(さっつんお手製の普通に良いやつ)


まずは賞状。
クロウ氏がインタビューを受けて(あ、これインタビューあるのか)と思って身構えたら自分の時は無くてぐぬぬってなってたらチームメイトが肩組んでサッカーの応援とかでやってそうなアレをやり始めたので混ざる。
完全にウェイ系ってやつだよ。

続いてトロフィー。
クロウ氏が受賞。まさかのゆいにゃんチーム1位=全体8位だったという。

最後にメダル。
なつかぜ氏が受賞。
これで連番取った人全員が受賞したことになって俺のジンクスってやつかなーってなってた。


チーム最下位だったさっつんチームは罰ゲームでやっぱすきやねんをアカペラ合唱。
「いいなー!」コールが湧き上がる。
っていうか手書き歌詞カード(イラスト付き)のコピーの配布とか実際いいなってやつだった。
さっつん指揮者。指揮棒としてUOを折る。
さっつん「うわっ、明る!」

テンポが下がっててどちらかというと原曲よりのやっぱすきやねん。
きっちりコール入れるオタクたち。


歌い終わった後にさっつんがハイタッチ始めて、マジで「いいなー」ってなってたやつ。



そんなこんなでダーツ大会編も終わり!

めっちゃすきやねんカウントダウンイベントレポ的な何か

近鉄に乗って関西入り。
まる得切符を窓口で指定席に変換する時に何も言われなかったから「これはほぼ満席だったやつか」とか警戒してたらがらがらで逆に何だったんだってなったやつ。
まぁ禁煙席だったし楽だったから良かったんだけど。


京橋駅でクロウさんと合流。イベント前に腹ごしらえ……

飯屋が、無ぇ。


さすが大晦日といった感じで、会場周辺をぐるっと回ってみても飲み屋が2件だけという状況。
仕方なく焼き鳥屋へIN。


ク「飲み屋だし飲みますか」
俺「マジすか。イベント前っすよ」

ク「生一つ」
俺「レモンハイで()」

クズぅ



まぁ流石に1杯程度で酔う私ではないですけど。


会場入り。物販列へ。
何気に初りっさんに遭遇する。児玉さんが迎えに来てるところとか爆笑しかけてた。
おそらくさっつんの傘を腕に下げて隣を通っていくりっさんに声をかけれないヘタレ。
いやまあ状況的に声をかける場面でもなかったしある意味正解だったんだけど。

さて物販。
俺、ntkzさんで2枚……。愛知勢も受け取ってくれるならプラス2枚……。

あれ、俺お渡し回4周も話すこと無いぞ。



22時にデレパを聴き始める人の多さよ。


開場。

受付ですごろくの台紙を受け取り、以前の放送で話してたおみくじを引く……んだけど。
ビニール袋の口が大きく開いてて中が見えるのはまだ良しとしよう。どうやら表面は半分に折って糊付けしてあったから中身は見れなかったし。
ただ、さ。

そらそらのサインが裏側に書いてあるやつが混ざってて……ね。
青の用紙にそらそらのサインがあって色紙が赤青黄+白だからこれ完全に担当分けされてるよなー、と察し。
スタッフの「見えて無い体で」の指示に従って、「見えて無い体で」赤を引くスタイル。



2列目センターというほぼ最前のポジション。
チケット販売待機勢した甲斐があったものだぜ。

さっそくTシャツを着る。
ク「そういえばTシャツありましたね」
ちょ


リストバンド巻く。
ク「そういえばリストバンドありましたね」
まっ


手ぬぐいを首に巻く。
ク「そういえば手ぬぐいありましたね」
俺「クソザコか!」


開演までの待ち時間をひたすらイジり続けるクソ野郎が居たらしい。



開演


意外なことに開幕「やっぱ好きやねん」
ギリギリまでミリマス進めてたせいで携帯電源切りが被り、まさかの出遅れるという失態。

夏祭りのときに振りコピおじさんすると左右振りの逆転現象発生するから修正かけないとダメだって反省してたじゃないですかやだー


オープニングトーク。
そらそら「舞台高いし座ってるときはしめしめ、って思ったけど、歌が始まってみんな立つとやっぱ大きいなって」
ゆいにゃん「厚底靴で身長水増ししてるのにな」

からの衣装紹介の一周。回ってるときにバランスを崩したのか、ふらつくさっつん。
あと、そらそらの右脚のストッキングが若干ずり下がってて、絶対領域チックなものが出来上がっていてドキドキしましたね()


衣装担当:そらそら
振付担当:さっつん
ゆいにゃん:「うん」っていう担当


ゆいにゃんはプロデューサーかな?




ソロコーナーはそらそらから。

プラチナディスコで盆踊りリベンジとか本当にそらそららしいというか何というか。
ヨヨイのヨイ。


コーナー。お悩み相談会(占い)
いつもの解決コーナーのノリだけど、
これを使って占っていくというもの。

・2015年のそらそら
「もっと落ち着きましょう」


・リスナー指名「来季の鷹が優勝できるか」
「思い遣りをもって接しましょう」


・2015年のめっちゃすきやねん
「もっと落ち着きましょう」
そらそら まさかの同ページを開く。



ソロコーナーはさっつんから。
特撮系無関心が災いして「W-B-X」は初見だったんだけど、煽りというか振りが上手かったので特に苦もなくノれたので楽しかったですね。

コーナー。お悩み相談(女子力)
……あれ、コーナー被ってね?w

隣が「女子力! 女子力!」って煽り奴だったのと、俺がさっつんかわいい(かわいい)ってなってるやーつで相談内容覚えてないやつ。


ラストにゆいにゃん。
「Baby Sweet Berry Love」
英語の早口部分でいっぱいいっぱいになりかけてるゆいにゃんかわいかったです(小並

前方のスピーカーにカンペが貼られているのをバラされる。
いやまぁ横ブロックからは見えてただろうしなぁ……w
そしてカンペの英語のスペルが合ってるかの確認を要求するリスナー。
ゆいにゃん「歌詞カードから写したから合ってるわ!」


コーナー。ゆいにゃん絶対王政。
リスナー「Fooooooo!!」
そらつん「いいの!? その反応おかしくない!?」

「めちゃすきの好きなところを3つ挙げよ」
ゆいにゃん「そこの一流ってTシャツ着てる人」
まさかの指名制。っていうか、とかち組に行きますかw

座席埋めの召喚兵だったのか返答に詰まるその人。
なんか雑な名前の付けられ方して、さっつんに「いや絶対その名前じゃないと思いますけどね」ってツッコミ入れられてた気がするんだけど思い出せないやーつ。


最後に両隣の人と手を繋いで「みんな仲間」みたいな感じの終わり。きっちり言い切れば良かったんだけどそこはゆいにゃんクオリティを発揮して着地点が行方不明になるオチ。



3人で「めっちゃすきやねん」
PPPH入れて原曲のコーラスと被るやつなー。難しいものだ。
あと注目だった「唯一」の部分はゆいにゃんセンターのソロパートだった。
何よりも「すきやね~ん」の大合唱なー。楽しすぎるわ。



いよいよ元日まで残り15分くらい。
ステージ上の電波時計がそらそらの私物であることが判明する。

締めの挨拶中にも時間を気にするリスナーの声。ちょっと気にしすぎだったかなーって。

残り5分くらいでスベり収めを要求されるさっつん。というか残り時間の時間埋めにスベらされつづけるさっつん。
正直さっつんの一言ボケって結構ツボを掠めるタイプだから、3連発に真顔芸キメるのちょっと大変なんですよねw


スピーカーから流れる時報と時計が若干ズレるというなんとも締まりのないカウントダウン終了。


公録パートへ。

既に1時間イベントが経過した中でいつものオープニング&名乗りというちょっとした時空の歪みの亜種を感じつつ。

三人「めっちゃすきやねんで『めっちゃすきやねん』!」
そらそら「……とまあラジオだとここで音楽が流れるんですけどここでは流れませんので」

ズコー


何というか今までの公録イベントと形式が違うんだなぁということを実感。

生ジングルも何気に初めて? 確か上京物語も夏祭りも事前録音だった気がする。
誰がジングル言うかも直前に決めるって何気に凄いよなー……。


コーナーは「めちゃすきすごろくを実際にやってみよう」


サイコロ振る。
そらそら「何が出るかな。何が出るかな」
(それアカンやつじゃ……)


「かわいいことを言う」マスを踏むさっつん。
(主に隣から)「女子力」コールが湧き上がる。
女子力のコーナーでかける予定だった眼鏡をかけるさっつん。
赤縁とか俺得かよー。


リスナー「2! 2!」(2マス先がクエン酸マス)

ゆいにゃん投げる。





リスナー「Fooooooo!!」


クエン酸担当と顔に墨を塗られる担当でリスナーを2人壇上に上げていくスタイル。
リスナー巻き込み型ラジオの真骨頂だけど俺含めアッピル勢自重せよ。

クエン酸がいつもの水じゃなくてブラックコーヒーという史上最強版(らしい)だった。

「これ(クエン酸配合コーヒー)飲みきっても良いんですよね?」
「飲みきっても良いですけど。そうすると墨が塗れなくなります」
「(察し)」


ゆいにゃんが書きやすいように膝立ちになる紳士のシュールさなー。



リスナー「4! 4!」(4マス先がクエン酸マス)

さっつん投げる。





リスナー「Fooooooo!!」

デジャブかな?


リスナー「2! 2!」(2マス先がクエン酸マス)

そらそら投げる。





リスナー「Fooooooo!!」


ま さ か の 全 員 ク エ ン 酸 マ ス を 踏 む

さすがの私も大爆笑ってやつだよ。



25分くらいになったのでまさかの延長戦入り。

話は「ひとり新婚ごっこ」マスは踏みたくないなーという流れ。
まぁマス目のネタ書いたの3人だし、書いたの踏みたくないって言ってるそらそらなんですけどねー。


ゆいにゃん1位。……が、なぜかひとり新婚ごっこを全員ゴール後にやることに。

さっつん、特に危険なマスを踏むことなく2位。


そしてそらそら。

「ゲーム終了までコ□助のモノマネ」マスを踏んだ後……


ひ と り 新 婚 ご っ こ

リスナー「Fooooooo!!」


そらそら新年早々持ってるなー。出目が全部3以下だったし完全にネタ披露の場と化していた。

旦那がまだ帰ってきてないシチュエーションで現実時間とリンクさせたものだから終電無いやん……、ってなってからの修羅場展開で。
どう見てもバッドエンドです。本当にありがとうございました。
ただまあこのショートストーリー中も語尾が『ナリ』だったのでどことなくギャグチックだった。



そしてそらそらがゴールし、ゆいにゃんのひとり新婚ごっこ。
そらそらとほぼ同じ開幕のシチュエーションに「またバッドエンドコースじゃないか」というどよめきが。
しかしそこはゆいにゃんのイケメンスキルが発動しハッピーエンド。


というわけで延長戦分終了で公録パート終ry……


カンペ「曲振りまでのトークが無かったのでオープニング撮りなおします」

時空が ゆがむ


そらそら「すごろくのマス目少ないし案外すぐに終わってしまうかもしれません」
さっつん「分かりませんよー。出目が全部3以下になるかもしれませんし」

未来人かな?

曲振り終わり。



カンペ「名乗ってなかったのでオープニング撮りなおします」

時空が ゆがむ


3度目の正直は、名乗り・トーク共に順調。

「めっちゃすきやねんで、「や」『めっちゃすきやねん』!」

ゆいにゃんここでまさかの事故wwwww
崩れ落ちるゆいにゃんだったがカンペは無情にも「OK」の二文字。



デュエットパート。

ゆいつんでげんしけん2代目OP「げんし、女子は、たいようだった。」

ライブ初披露曲(本人不在)という、ある意味新しすぎる展開。
振付もゼロから作ってたはずなのにキッチリ揃えててすげぇ、ってなってた。



ゆいそらで咲全国編ED「この手が奇跡を選んでる(姫松高校ver)」

開幕の早口部分は交互にだったので負担は少なそうだったけど、それでもきつかったのか若干いっぱいいっぱいに。
それでもミスらないのはやはりプロだなぁって。



そらつんで「カニDo-Luck!」

カニカニカニカニカニ。
ワンフェスのニコ生以来の拝聴だったけどライブ映え凄い。
間奏とかの僅かな隙間をぬって動き回ってる2人を眺めてるだけでも幸福感MAX。
いやまあ全力コールしてたから眺めてるだけではなかったんですけどね。



ライブパート終わり。結構直球なアンコール要求あった気がするけど実際に何言われたか覚えてないやーつ。


「アンコー「めーちゃっすき!」「めーちゃっすき!」」

アンコールのコールそれでいいのwwww


アンコール

ゆいにゃん「アンコールが『メンタンピン』って聞こえた」
姫松の余韻かな?


最後にもう一度「めっちゃすきやねん」

間奏で感謝の言葉入れてくるの、感動するからやめてくれってやつなー()



終わり。


かねやん登場。

かねやんの次イベント計画の話題にひたすら「イイヨイイヨー」と言うbotに成り下がったやつが居るらしい。



椅子の片付けの手伝い。




お渡し会。

会場に聖來Pがいるとのことで挨拶。
「今回初参加だったんですけどサクさんは……聞くまでもなさそうですね(笑)」
あるぇ~?

いやまあフル装備だったしそう言われても仕方ないんだけどねw



並ぶ。

俺「やばい。4周って冷静に考えて(話せることの無さが)つらい」
ク「覚悟決めましょう」
俺「っていうか顔覚えられてるかどうかの読み合いが困る。もし覚えられてたら場合によっては謝罪芸から始める必要があるかもしれん……」
ク「さっつん記憶力良いし覚えられてる可能性は高いっすねー」
俺「というかね……。『夏祭り 壇上』」
ク「余裕で覚えられてるでしょうね」
俺「デスヨネー」


まぁもともとノープランで生きてきた人間なので並んでいるときにやたらと焦るのはいつものことなんですけどね。
今回のお渡し会はCDのみだったんですよね。
で、そうなるとお渡し会としては1対3になる構図で。

個々に対して話せる内容の基はあるつもりだったけど3人に話す内容となると……ってなって詰んでた。
冷静に考えて4周するんだから割り切って個々に投げかければよかったなーという部分もあったんですけど。

正直3人にデレマスの話題を振るのにちょっと抵抗があって。ゆいにゃんに気を使っているというよりは「ゆいにゃんに気を使っている自分」に対して違和感があって。
それならむしろ堂々と話すべきじゃね? ってなるけどまあ、なんというか宗教とか思想上の問題ってことで。


1周目

さっつん「サクさんじゃないですか! お久しぶりです!」



死亡確認


確か無難に「夏祭り以来ですねー。ちょっとタイミングが合わなくて……」的な返しをして速攻で逃げた記憶。
いやまあ、あそこで謝罪芸に走らなかったのはむしろ英断だと思うんだ。うん。



2週目

ここで秘密兵器、「夏祭りの帰りに偶然見つけた『めっちゃ好きやねん』バッグ」を投入。

めちゃすきバッグ
(黒だから分かりにくいけどナップサック的なやつです)

そらそらが食いついてくれて良かったわ……(自分から切り出せなかった奴)

みんなもなにわ名物をよろしくな!



3週目

開場時に引いためちゃすきおみくじをネタ振りにすることを決意。
糊を剥がして開封。


めちゃすきおみくじ

「小吉よりも 小宇宙(コスモ)」

オーケーオーケー予定通りさっつんのおみくじだけどヤバイヤバイ聖闘士星矢は正直分からないぞどうやって発展させるんだコスモ、確かコスモって高まるものだったよな高まる、高まるって言ったら
……あ


咲なまの裏卓で四暗刻ツモった話すればいーじゃーん(ノープラン)


発想が完全にただの酔っ払いなんだよなぁ

っていうか咲なまの裏卓に話持っていくときに凸れなかったって言ってしまって、すみませんって言わせてしまったの申し訳ないな?


4周目

3週目あたりから周回に驚かれてたけど全部代購なんで(キリッ
無難に歌の文化祭参加報告して撤退。



今回のお渡し会はイベント事態が40分押しくらいになってたこともあって5秒くらいで剥がしが介入する過去に類を見ないレベルの高速回転だったんですけど。
……正直振った話題を膨らませる能力の無い僕としてはむしろちょうど良かったなって感じでした。



全工程終了し、撤収。




・・
・・・


「北新地」


JR東西線だこれー!

眠気もあったのか乗る電車を間違えるやつでした。


大阪駅まで徒歩で移動

俺(中部市民)「大丈夫。ここの地理には詳しいです」
ク(大阪府民)「おう」


途中の立ち食い蕎麦屋で年越し(た後の)そばを食べたり。


改めて京橋駅を通過して鶴橋駅でクロウさんと別れる。
さーて近鉄は名古屋が終点だしあとは寝るだけ――

駅員「アーバンライナーは6時始発なんで途中乗り換えのコースでよろしくな」

なん……だと……
いやまあ帰り用に始発検索してた時点で何となくそうなんだろうなと理解はしてましたけど。
というわけで寝落ち回避のために数独アプリの問題を5問ほど解いたり、レポ用にメモを残そうと思ったけどフリック入力の遅さに心を折ったりしたけど無事に乗り換え完了。

あとは特に何事も無く地元に戻り、氏神の神社で初詣してから帰宅。



あ、そうだ。

ブックレット撮影の裏話でジャンプした写真が全部却下されたときの話で実際にジャンプしたとき。
写真撮影のときに膝立ちになる際にバランスを崩したとき。

のさっつんのスカートが絶妙にふわってなって、いろんな意味でドキリとした人は俺だけではないはずだ。



以上!

tag : オフレポ

サマデレ2014レポ

もろもろの事情があり土曜出発予定を日曜出発に変更。

新幹線の中で適当にソシャゲ消化してたけど、冷静に考えて移動時間1時間近くあったんだからファンレターの一枚くらいは書けましたよねっていう。
平日パートの忙しさもあったけど、これは「どうにかして時間を捻出しよう」っていう気持ちの無さの現われだよなぁ。
俺はまだガチ勢になりきれていないようだ。


……なんて感傷にふけっていたところで東京着。
駅中で昼食を済ませば良いのに、調子に乗ってちゃんとした店で食べよう思想に陥って改札を出る。
……うん、この辺に飯屋は無いわ。


というわけで霞ヶ関から日比谷公会堂へ。
最寄駅の割には結構歩かされた感あってぐぬぬってなってた。しかもビルばっかりで飯屋の気配無かったし。


会場でひとまずパンフ購入。
てっきりP祭りのときみたいにデレラジDVDの先行予約あるのかと思ってたんだけど無かったのが意外。
直前放送もDVD宣伝してただけに。


腹減りと暑さにダレてて1部のみ購入する体たらく。
い、いや、ちゃうねん。「新規グッズは2限」って言われたから3人で2部買っても微妙だなー。列も無いから2週したらバレるし、在庫も残ってそうだから大丈夫だろう」って思ったからであって決して思考停止していたわけでは……


さておき


用事も済ませたので飯屋捜索。なお、さゆさゆさんは無関係です()

ビル内にいくつかありそうな看板はあるけど、ビルが閉まっているからどうしようもない。
そんな感じで、徒然なるままに散策した結果。




こ、コレは東方クラスタがコミケ帰りに寄ってると噂の新橋おくう

というわけで昼焼肉。まぁ煙つくとアレだし、ランチメニューということでクッパだけど。
出てきたときはスープの赤さにビビったけど、思っていたよりは辛くなくてほっとした。




会場に戻ってパンフチェックしたり、行きずりの名刺交換したり。神戸プリン食べたり。


会場入り。


会場前アナウンスでふーりんが噛んでP祭り(午後)のときを彷彿とさせられる。
……あのときアナウンスして噛んだのふーりんだったよね?

時間が押してきて「おや……?」って空気になってきたところではっしーアナウンス。
へごちんモード全開で笑いを取りにきてるのズルい。


開演。
※いつもどおりの曖昧記憶マンなので、特に発言部分はニュアンスだけ感じてね!


Pa、Co、Cuの二人がそれぞれ奥から登場。テーブルの前で再ポーズするという、ファッションショーを思わせる登場。
はっしーとそらそらが合わせて手ハート作ってて可愛かったんだけど、先に構えたそらそらに対して、はっしーが「あれ、どう合わせればいいんだっけ」って感じに手元を確認してたのが面白くてもう。
へごちんモード引きずってるwww ってなったやつ。


全員揃ったところで、今回は属性別の対抗戦であること、判定は属性色のサイリウムを使った投票制であることが知らされる。
直前のTLで、出演者じゃなくてブンケイPがサイリウム指定してるのなんでだろう、って思ってたけどこういうことだったのね。

というわけで1戦目はファッションチェック。まずはそれぞれの服装アピール。
ちなみにそれぞれの服装はパンフのものと同じだったので気になる方はそっちをチェックしてね!


さっつん「強そうな感じで!」
肩のギザギザ具合が世紀末の北斗っぽいということで、言われてみればなるほどと言った感じだったのですが。
……正直真っ先に連想したのが「ワイルド」な芸人の方だったんだ。すまん。

るるきゃん「夏らしく向日葵です! フラスタも向日葵だったのでビックリしました。繋がってるって感じがしていいですね!」
フラスタ勢は嬉しかっただろうなぁ。

はっしーが若干おっぴろげーしょん未遂しててハラハラしてたからCuのこと覚えてない……。


まつえり「動けるようにスカートじゃなくてパンツできました!」
美脚いいねぇ、となる一方で、膝丈がはっしーとほぼ一緒で、よく見たらかなりミニスカだこれ! ってなってたやつ(雑魚


ふーりん「よくよく見ると、おばあちゃんの家にありそうな柄だと思った」
ア、ハイ。


着席。
席には各々のキャラのちびキャライラストパネルが。
ってこれWM衣装ですやん。ゲスト3人完全初出ですやん。


ふつおた
お便り読まれた人が前のほうに居る率高くて、ガチ勢すごいなぁ。

「歌いたい曲」:そらそら、まつえり毒茸伝説推し。それぞれMashUpコール。
        さっつんはTOKIMEKIエスカレート。るるきゃんのダンス(手振り)で冒頭を歌う。
        ふーりん、るるきゃんはメルヘンデビュー。しぶりんは文字数合ってるからいけてたけど「みかちゃん」はちょっとムリあったんじゃないですかねw

「今年叶って欲しい願い事」:そらそらがはっしーの「ちえりちゃんに馬乗り」ネタを拾いなおしていて、あ、これオイシイって思ってるやつなんじゃ、ってなったやつ。


マジリプ
今回のゲストの3人でユニットを組んだときのユニット名を考える。
Paチーム:ムック(69)
輝子のロックと奈緒の「9」月1「6」日生まれは覚えているんだけど、智絵里の69要素ってなんだったっけ・・・
無理やり感と「ですぞ」ネタにまみれる
Cuチーム:三点リーダーズ
……なるほど!
Coチーム「一生懸命考えたんだけどね」「これくらいしか思い浮かばなかった」と始まる前から言い訳モード
そして
「シャイニング・ゴッド・チェリー」

青木ブルーツリーなんとかさんじゃないか!
智絵里だけ法則違うのに字面が良い感じに収まってるのずるい。


会場投票でCoチーム勝利。
ちゃんと法則見つけてきたCuが強敵かと思ってたけど、思っていた以上にCo圧勝だった。

というわけで、実際にやってみた。
「シャイニング!」(メロイックサイン ズバーン)
「ゴッド!」(月に変わっておしおきしそうなポーズズバーン)
「……チェリー(消沈) 智絵里はこんなこと言わない!」

そらそら芸人思考高い人だから、てっきりノってくると思っただけにちょっと意外だった。キャライメージ優先ということだったのかな。


マジレス

夏らしくスイカ割り!

お、おう。

チームメイトが指示出し(ただし、声は出さない)
その指示を見てPが声出し。といったルール。

瓶底眼鏡を目隠し代わりとか始めてみたぞw

Cu:チャレンジャーはっしー
ガニ股やめーやwwww

長机を迂回したところでタイムアップ。

測定タイム。
「測るものが無いのでさっつんの歩幅で測ります」
さっつん(単位)
というわけで1さっつん+さっつん二の腕という判定に。

……字面の意味分からなさ凄いなw


続いてCoチーム。チャレンジャーまつえり
「右!」
横移動を始めるまつえりさん。に困惑するPたちの図。
スイカ(ボール)の前まで来たけど、回転の指示が出しようの無い状態になって終了。
机とほぼ接触している状態でさっつんが間に入る隙間もなく、0.5さっつん(単位)


最後にPaチーム。チャレンジャーさっつん
やっぱりと言うべき横移動に「お前もかー!」状態。
まつえりさんとほぼ同じ状態になってタイムアップ。
ここで奇跡が。

さっつん目隠しを外す

ズコーッ的なリアクション

振りかぶられる棒

棒がスイカに直撃

というわけで唯一命中させたPaチームの勝利。
不正などなかった()


コーナーも終わり、エンディングかと思いきや。
「ここで一通のお便りを紹介します。ラジオネーム『そらちゃん@青二』さんから」


・・
・・・

そらそらー!!!!

まつえり「青二は自演する文化なの!?」
さすが『Pるにゃす』先輩を経験しているまつえりさん。反応とツッコミセリフのチョイスが良い。


というわけでそらそらの希望により『コント』が実施されることに。
・関西チーム(るるきゃん、そらそら、さっつん)
・not関西チーム(はっしー、ふーりん、まつえり)

そらそらとさっつんが同チームでコント

あっ(察し



配役はくじ引き的な感じで。
さっつん:たこ焼き屋の女将
そらそら:女将の生き別れの娘
るるきゃん:地上げ屋

あー……これるるきゃん後入りするパターンですわ。圧倒的逃げ場無しってやつですわ。

そらそらの新喜劇のパk……オマージュネタのラッシュ。
案の定一発ギャグの無茶振りでまみれるさっつん。
足湯で疲れをフットバス!

個人的にはあの勢いで押し切ろうとする姿勢が面白いからアリなんですけどねw

るるきゃん登場。
まさかの目隠しグラスをサングラス代わりにするのやめーやwww
完全に出落ち。
最後にそらそらのキレ芸からの「怖かった」ネタで〆。ちょっと無理矢理気味に延長して〆るそらそらの芸人魂すごいなぁ。


続いてnot関西人チーム

はっしー:へゴ病患者

この時点でオチが付いてるのズルすぎるでしょwwwwww
ふーりん:へゴ病患者の親
まつえり:女医


はっしー「へゴぉ、へゴぉ」
ふーりん「私が沖縄に連れて行ったばっかりに……!」
はっしー「葉っぱおいしかった」
まつえり「気をつけてください! へゴ病は空気感染します!」
ふーりん「ほんどでずかあ!?」

Co組みの瞬発力の高さすごいでぇ……w
最後は関西弁チームも混ざってみんなへごちんに。

なぜかコントの面白さ勝負から、誰が一番へゴチンだったかの勝負に。
そらそらに拍手が集まる中、満を持してはっしー。

シーン

はっしー「ちょっとぉ!?」
みんな仕上がってたからな……w


いよいよライブパート
安定のおねシンからスタート。
デレラジ組が前に出る配置もあって安定感ばっちり。
もちろんゲスト組もしっかり存在感あって良い感じでした。
というか久々にCuCoPaが同数だったから誰が属性またぎしているかチェックしなくて良かった分しっかり見てたつもりなんだけど、ホント「新規組が混ざっても違和感の要素もないってすごいなぁ(小並」しか出てこない俺の感受性の低さね。


ソロ曲……長くなるのでゲスト組だけにしときます。

まつえりさんの「2nd SIDE」
CDの時よりもさわやか度が増してるなぁ、と思ったのはまつえりさんの笑顔効果だったんだろうなぁ。
というか動き激しくて、うおおおマジで!? ってなってたやつ。
腰回しがなんというかミリオンライブの愛美さんを髣髴とさせるやーつですよ。
最後の「みんなも一緒にー!」もライブらしさがあって。直近でみでしライブあったからそこで得た経験値なのかなー。


そらそら「風色メロディ」
トークパートの芸人っぷりから打って変わって……というか変わりすぎてて冒頭でちょっと吹きかけたのは内緒。
もともとコール入れるタイプの曲じゃなかった上に横を向くことが多い振り付けが多くて神秘感が強かった印象。
いやしかし……めちゃすきのそらそらを知ってると、こういう大人しいそらそらに違和感を感じてしまうのはなんでなんだぜってなるやつw


さっつんの「毒茸伝説」
いやー。もはや語るまでも無い良曲。
声量のパワーもさることながら、パフォーマンス力が素晴らしい。
今回シンデレラ組では初のスタンドマイクが導入されて、開幕どよめきからの「かかってこい!」発言。
一気にヒートアップする会場に対し、一切気圧されることなく、むしろ押し返す勢いは流石の一言に尽きる。
余談だけど間奏明けのところで律儀にスタンドにマイクを挿してるところに萌えてしまった。



そして新曲「メッセージ」
メンバーがデレラジ組だったから、一瞬UNMEIライブ的なものが出てくるのかと身構えちゃったよ()
爽やかでちょっぴりしっとりとした部分もある感じで良好な曲でした。
ちょっとコールの入れ方考えなきゃいけない雰囲気があったけど、そもそもデレマスの共通曲(属性曲含む)がほぼ公式コールあり、っていう構成になっていたから、そういう意味で初めてだったからという気配もする。
しかしカップリング曲が先にライブ披露ってどういうことなの……と困惑してる部分もあったり。



最後にディレ1登場していくつか告知。


緞帳が下りて終わり。


Coキービジュアルの撮影会して撤収。




終電も近かったので夕食食べて即撤収。うーん、東京遠いねん……
プロフィール

サク

Author:サク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。