スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控えめに言ってEPISODE.4Uが最高だったっていう話

なんか初めてブログを活用して感想レビュー的なことを書くものだから若干の緊張があったりする。


さて、まずEPISODE.4Uの前に親ゲームである東京セブンスシスターズ(以下ナナシス)の話を。

ナナシスはiOS、Androidにて配信されているアプリゲームで、いわゆる音ゲーです。
(公式):http://t7s.jp/
(GooglePlay):https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.donuts.t7s
(iTunes):https://itunes.apple.com/jp/app/id763342319

主人公は急遽、アイドル劇場型スタジオ「スリーセブン(ナナスタ)」の支配人に任命され、アイドル探しからスタートするといういかにもソシャゲらしいスタートになるのですがそれはともかく。
ナナシスの特徴の一つとしてストーリーの充実性があるだろう。ナナシス主要メンバー12人の10章の一貫したストーリーは一見の価値があると思います。


さて、話を戻して4Uとは? というお話。
4Uはナナスタメンバーと異なる組織(高校の軽音部だし組織っていうのも違和感あるけど)のグループで、いわゆるライバルユニットなわけですが。



(※以下ネタバレ多め注意)










開幕からこれである。

凄まじい敵意を向けてきて初見は「なんやねんこいつら」ってなったりしたものですが。
エピソード4Uはウメがどうして嫌っているのかっていう部分がポイントとなるストーリーになっています。




さて、支配人の4U偵察から始まるエピソードですが。
2話までは前半パートは基本的にコミカル調で組み立てられつつ、後編ではポイントとなるフレーズが1つ組み込まれているのが印象的な構成になってて引き込まれます。


3話はサンボンリボンvs4U。
やめてサワラねーちゃん! シンジュちゃんの心労はMAXよ!
いやまあ考えてないように見せつつも考えて行動してるのがサワラねーちゃんではあるのですが。

さて、後半ではついにヒナとシィちゃんとの会合。開幕は苦労人同士の会話でとても和む。二人とも小さいからね。仕方ないね。
核心に触れるシィちゃんに言葉を濁すヒナちゃん。そして10章でのキーワードになっていた「楽しいと思えないならやる資格はない」という一言。
この一言によってこの話も本編に繋がってるものなのだと気付かされて感動します。
っていうかシィちゃんかっこよすぎでしょうw



そして問題の4話。モノローグによって過去が明かされるわけですが。
このストーリーが本当に重い(最大級の褒め言葉)んですよ。

引っ込み思案で周囲からも地味と言われ友達を作れずに居たウメが夕暮れの教室でエモコと出会い。エモコについて行った楽器屋でセブンスシスターと出会い。それを活力に友達を作ったが、しかしそれもナナシスが続く限りの一時的なものでしかなくて。
ラストのエモコの「あなたがそれを望むなら付き合ってあげる」って台詞がウメを気遣っているのが伝わってきて本当に胃が重くなる。

5話。ここからウメの闇化が激しくなる。
正直本当に胃が痛くなるので6話までは覚悟すること。



そして7話。
最終決戦ですが特に後編が素晴らしいです。互角のライブ結果にキレるウメ。今までの努力が無駄だったと嘆くウメに「ワタシ・愛・forU!!」を歌い始めるロナ、そして777シスターズ。
このアカペラが本当に涙腺にクるんですよ歌い始めたのが、同じようにセブンスシスターズの解散による喪失感を抱えたロナっていうのがね。
そしてハル。「アイドルってなんだろう」という命題。そして「たとえ一瞬でも誰かを笑顔にできるなら」と。あのアイドルなんて大嫌いと言っていたハルがですよ! もー、泣くなと言う方が無理ってやつですよ。



……とまあここまで長い前フリだったわけですが。


そして夏コミ発売アルバム「Longing for summer」ですよ。
今はiTuensで配信されているのでぜひダウンロードして聞いて欲しいのですけど、
その中に「ハルノヘッドフォン」っていうドラマパートがありまして。

エピソード4U見る前は「(内容はいまいちだけど)アルバムとして出す理由作りしてるのは評価するよ」って気持ちだったわけですけど。
見た後はもうハルの「形あるものにしてくれたんだ」って言葉が本当に感動的で。
あれ、エピソード内であったウメの「アイドルなんて終わってしまえば何も残らない」発言を受けてのものだったんですね。エピソード見てるときに上に書いたハルの一言が頭をよぎってうわあああああってなって初見のときはしばらくもだえてしまいましたよええ。
っていうかドラマパートの支配人カッコいい問題があると思うんですよね。HAJIMALBUMの方も裏方として相当頑張ってます感ある内容だったし。

それはさておき。

あとはやはり4Uの2曲目「Hello my friend」でしょう。
「ワタシ・愛・forU!!」もですがこちらは「H-A-J-I-M-A-L-B-U-M」に収録されているのでぜひ購入して聴いて欲しいというダイレクトマーケティングをかましつつ。
これはもう言うまでも無く歌詞に注目ってやつですよ。
平たく言うと4話とのリンク性がですね本当に最高なんですよ。4話を踏まえてるのに歌詞の内容が前向きだし曲のタイトルのフレンドって要するにエモコなわけで作詞ウメちゃんだしもうほんと。
っていうかゲームだと「教室の窓 沈む夕日に」の部分で背景があの4話校舎使ってくるからぐわああああってなる。


長々と語ってきたわけですが何が言いたいかというとですね。
ナナシスおもろいからやってくれ、頼む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

サク

Author:サク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。